第3のディメンション

レポートのカスタマイズ

投稿日:2011/11/29 作成者:吉田 喜彦

「驚かないで聞いてね」
「な、何だよ・・・」
「ごめんね、隠してたけど、実は、あなたの他にもう1人ディメンションがいるの・・・」
「な、何だってーーーーー!」

第3のディメンションです。

第3のディメンションです

セカンダリーディメンションで深掘りした後、さらに「あとキーワードとの関連性がわかればなあ・・・」と思ったことはありませんか?

実は、Googleアナリティクスのデータ表示としては、3つ以上のディメンション表示に対応しているのです(最大10個)。上図がその証拠。標準レポートの操作で出来ないだけなんですね。

Data Feed Query Explorer – Google アナリティクス – Google Code

こちらで、GoogleアナリティクスのAPIを使ったデータ抽出のお試しが出来るんですね。

GoogleアナリティクスのAPIを試せるよ!

プロファイルIDを入れて期間を指定します。あとは、ディメンション(表の一番左に来る項目。例えばキーワードやページタイトルなど)を選び、そして指標(メトリクス)を選びます。このとき、実はディメンションが3つまで選べるのですね。

図では、ランディングページとその次のページ、と来訪キーワードを設定しています。

また、セグメントを切ったり、フィルタリングしたりとかなり高機能です。フィルターなどでは正規表現も使えますので、慣れてくるとこちらのほうが早くレポートを作れるかもしれませんね。

ご存じなかった方はぜひお試し下さい。

 

執筆者:吉田 喜彦

アクセス解析漫画家。解析結果をもとにオチを変えていく論理派。国内で初のGoogleアナリティクスAppギャラリー掲載歴を持ち、Googleアナリティクスでは、スクリプト、APIネタを得意とする。ブログはhttp://www.kagua.biz

お知らせ