円グラフ利用、ウィジェットと標準レポートでの違いに注意

レポートのカスタマイズ

投稿日:2012/2/28 作成者:吉田 喜彦

みなさんこんにちは、「血液型な~んだ?」と聞くと全ての種類の血液型を言われるカグア!の吉田ですw。

さて、今回はグラフについてです。実はGoogleアナリティクスでお馴染みの円グラフには、ちょっとした留意点があります。

ウィジェットで表示される円グラフは3時始まり

ウィジェットで使える見せ方

図1:ウィジェットで使える見せ方は4種類

ウィジェットには、数値だけ見せる指標、円グラフ、タイムライン(折れ線グラフ)、表形式(ディメンションと指標2つ)が選べます。

ウィジェットで表示される円グラフは3時が起点

図2:ウィジェットで表示される円グラフは3時が起点

そこで表示される円グラフは時計で言う3時が起点なんですね。12時ではないので注意しましょう。

標準レポートで表示される円グラフは9時起点

標準レポートで表示される円グラフは9時が起点

図3:標準レポートで表示される円グラフは9時が起点

一方、標準レポート画面で表示される円グラフは9時が起点です。

なぜこういう仕様になっているのかは、分かりません。この記事が公開されている頃には変わっているかもしれませんが、現時点ではこのような仕様です。

現時点での対策は円グラフは自作すること

クライアントに「何でこうなの?」と突っ込まれたら、こう言いましょう。

「仕様です。」

円グラフの起点を12時にしたい場合には、現状ではデータをエクスポートしてEXCELで自作する他ないでしょう。

 

執筆者:吉田 喜彦

アクセス解析漫画家。解析結果をもとにオチを変えていく論理派。国内で初のGoogleアナリティクスAppギャラリー掲載歴を持ち、Googleアナリティクスでは、スクリプト、APIネタを得意とする。ブログはhttp://www.kagua.biz

お知らせ