Google テストセンターへようこそ!

GAIQ対策

投稿日:2011/12/1 作成者:山浦直宏

今回はGAIQテストを受験する際の入り口ページになる”Google テストセンター”を紹介します。

その前に、テストに関する概要を確認しておきます。基本的に、受験資格の制限などは無いようです。職業や年齢に関係なく誰でも受験することができます。

受験概要は次の通り;

  1. 受験費用:US50ドル(テストセンターにてクレジットカード決済)
  2. 受験言語:英語
  3. 問題数:70問
  4. 出題形式:テスト画面での選択チェック方式
  5. テスト時間:90分                                                     ※テスト開始後は中断が可能。中断中は経過時間のカウントも停止します。ただし、テスト開始後120時間(5日間)以内に終了しないといけません。
  6. 合格正解率:80%
  7. 再受験の制限:再受験の場合は、前回受験時から14日間のインターバルが必要

こんな感じですね。

ポイントとなるのはテスト時間です。90分で70問を解こうと考えると英語があまり得意でない方はそれだけで受験のハードルが高くなってしまいがちですが、この中断(Pauseボタンがあります)を上手に使うことによって実質120時間の中でじっくり問題を解くことができる、ということになります。(このあたりはまた後日“受験要領篇”でじっくりとお伝えできればと思います!)

注意事項としては、再受験の制限があるということです。残念ながら合格成果率に達しなかった場合、またすぐに次の受験をしたい気持ちになると思うのですがそうはきません・・。

受験後14日の期間を空けなければ次のテスト開始はできない仕組みになっています。

なんで、そんなこと知っているのか?って?(笑)恥ずかしながら、不合格を経験していますので。でも、そのおかげでこの貴重な情報を皆さんに提供できているわけですね^^。

なので、テスト受験をするときはしっかりと準備をすることをお勧めします。14日間も受験のモチベーションを保ち続けるのって結構大変だったりします。

さて、概要を確認したらGoogleテストセンター(http://google.starttest.com/)(図1)へ入ってみましょう。

図1:Google テストセンター

図1:Google テストセンター

ここはGAIQだけでなくGoogleが提供してる個人資格テストを受験する際の入り口(ログイン)ページになります。また、受験に必要な学習コンテンツがある“Google Analytics ラーニングセンター”へのリンクや、晴れて合格した資格取得者の氏名を閲覧できる機能なども提供されています。

図2:資格取得者閲覧画面

図2:資格取得者閲覧画面

ここで1つ注意事項です。テストセンターへのログインにはテストセンター用のログインアカウントが必要になります。皆さんが普段お使いのGoogle アカウント、Gmail アカウントではログインできません。なのでGoogleのテスト受験がはじめての方は、まず最初にテストセンター用のアカウント作成をしておきましょう。

次回は、テスト購入からテスト開始のステップを見てみましょう。

 

お知らせ