<GAIQテスト問題分析>GAIQホルダーに求められるものは何か。

GAIQ対策

投稿日:2012/2/7 作成者:山浦直宏

Google アナリティクス IQ 資格テストが新バージョンに移行されて早1ヶ月が経過しました。

月並みですが、新旧バージョンテストの過去問分析からIQホルダーに求められる姿が見えてくるように思えるので共有したいと思います。出題傾向の高い項目や出題形式からその姿を考察することにします。

かねてから申し上げているようにGAIQを学ぶ意味はGoogle アナリティクスの仕組みを理解し、導入・設定から分析・レポートまでのスキルを身につけることにあると思います。オンライン学習教材である”Google Analytics IQ lessons”ではその範囲を網羅的に順序だてて取り扱っており、テスト問題の出題範囲はこの教材で取り扱う範囲ですが、出題トピックには顕著に傾向がでています。

※本稿の元になっている”過去問分析”は、これまでに筆者のIQ対策講座を受講した社内外の受講生からご提供いただいた実際の問題を元に筆者が独自の視点でカテゴリ、形式分類を行い分析したもので、筆者が自らの講座内容作成のために行っているものです。一般への公開や情報提供を前提に行っているものではありません。ご了承ください。

<出題傾向に学ぶ、IQ資格者に求められる重要ポイント>

筆者の集計で特に出題数が多いと思われるトピックは以下の通り。

・ドメイン解決関連

・目標設定関連

・キャンペーン計測の手動タグ関連

・アドワーズとの統合関連

・バーチャルページビュー、イベントトラッキング

・アカウント、プロファイル設定

・フィルタ設定

・参照元分析関連

・サイト内分析関連

・メトリクスとディメンション関連

・クッキー関連

読者の皆さんからすると、「え、こんなにあるの?」と思われるかもしれませんが、なにしろ1回のテストで70問出題されるので出題範囲からするとかなり絞られているように思います。

これらは、主に初期導入時や欲しいデータを正しく計測するための環境整備に必要な設定関連が多く盛り込まれています。そもそもの、ウェブビーコン型アクセス解析ツールの仕組みやGoogle アナリティクス独自の仕組みを確認するようなものも含まれています。

一方で、ページビュー数、訪問数、ユーザー数などの基本指標やレポート画面のメニュー、操作、アドヴァンスセグメントなどの普段目に付きやすい部分については比較的出題も少ない傾向にあるようです。

その中でも一番出題数の多いトピックは、実は

・アカウント、プロファイル設定関連です。

出題数も他のトピックに比べると群を抜いて多く、問題のタイプもバリエーションが多くあります。単に、アカウントやプロファイルの設定方法や手順を問うものから、組織や運用体制、担当別にデータを切り分けたい場合にどのようなアカウントとプロファイルの構成にしたら良いか、のような具体的な場面を想定しての問題なども用意されています。

Google アナリティクスを何の目的でどのように運用するのか?具体的な機能や細かな設定ノウハウよりも、Google アナリティクスを正しく運用する上でまず最初に考えるべき重要な項目であることが、この出題からも伝わってきます。

次に出題の多いトピックは

・目標設定関連

・キャンペーン計測の手動タグ関連

・バーチャルページビュー、イベントトラッキング

・フィルタ

と、求めるデータを正しくきちんとレポート画面に反映させる環境を作るための設定関連が続いています。

とりあえず計測コードをウェブページに貼り、データが取れ始め、数字が見えるところだけを満遍なく見ているというだけでは知ることができない機能や設定にまつわる部分です。

最近はGoogle アナリティクスのユーザーも増え、サイトや書籍で様々なノウハウ、情報に触れる機会は格段に増えてきていると思いますが、どちらかというと分析手法や具体的なソリューション(アクセスアップ、SEO・SEM対策)などの”ワザ系”が多いのではないでしょうか。

しかし、問題の傾向から見るにIQホルダーに求められることはGoogleアナリティクスの正規の運用者としてツール自体の仕組みや設計を正しく理解し、機能やその設定を網羅的に理解し実行できる知識やスキル、ということだと思います。

私の講座の受講生でも、長い間Google アナリティクスを使っていて、データの見える部分や顧客に要求されるレポートの部分だけは知っているが、それ以外の機能や設定はこの学習によって初めて知るという人は少なくありません。

以前から申し上げていとおり、GAIQ の学習は単に”資格のための学習”ではありますが、それに取組む大きな意義の1つは正にこういうところにあると、今回の問題分析を通じても改めて確認できたように思います。

その意味では、Google アナリティクスを企業内で使っている人も個人で使っている人も是非一度「GAIQテスト」にトライしてみてはいかがでしょうか。

 

お知らせ

  • Googleアナリティクス「セグメント機能」徹底解説セミナーを2017年1月20日午後に開催。こちらからお申込みできます
  • セグメント解説本(PDF)を期間限定販売中。Google アナリティクス セグメント機能完全マニュアル(前編)(780円)。購入はこちらから
  • メルマガ「週刊GAフォーラム」の登録はこちらから毎週月曜朝に1週間の更新情報をお届けします