Google アナリティクス使い方、レポート画面を見るまで

共通の機能解説

投稿日:2011/10/13 作成者:衣袋 宏美

<共通の機能解説>

レポート画面は「プロファイル」に対して紐付いています。構造的には「Google アナリティクスのアカウント」の下に「ウェブ プロパティ」があり、その下に「プロファイル」が配置されています。そのためログイン後もその階層を降りて、レポート画面に行きつく必要があります。

まずバージョン4で解説します。図1はバージョン4のログイン後の画面の左上部分です。Google アナリティクスの全てのアカウントの一覧画面が出てきます。一番左の列が各アカウントの名前(図1の赤枠部分)で、その中からデータを閲覧したいアカウント名を選択します(例えば図1の青枠部分)。

図1:すべてのアカウント(v4)

図1:すべてのアカウント(v4)

別の方法でアカウント名を選択することもできます。図2は同じくログイン後の画面の右上部分です。「アカウントを選択」はプルダウンメニューになっていて、図2赤枠部分のように閲覧できるアカウントがプルダウンメニュー内に出現します。その中からデータを閲覧したいアカウント名を選択します(例えば図2の青枠部分)。

図2:すべてのアカウントの右上(v4)

図2:すべてのアカウントの右上(v4)

アカウント名を選択した後の画面が図3です。図3の赤枠部分がGoogle アナリティクスのアカウント名です。同青枠部分はウェブ プロパティIDです。同緑枠部分がプロファイル名です。この例では二つのプロファイルが設定されています。プロファイル名の右隣の列の「レポートを表示」のリンク(図3の矢印の先)をクリックして、閲覧したいプロファイルのデータを閲覧して下さい。

図3:アカウント画面(v4)

図3:アカウント画面(v4)

次はバージョン5です。図4はバージョン5のログイン後の画面の左上部分です。Google アナリティクスのアカウントの名前(図4の赤枠部分)と、そのアカウントのウェブ プロパティID(図4の青枠部分)がセットで表示されます。このウェブ プロパティIDの左にある「+」ボタンをクリックした例が図5です。

図4:アカウントホーム(v5)

図4:アカウントホーム(v5)

図5はウェブ プロパティIDが二つあるアカウントでの表示例です。図5の青枠部分の2つがウェブ プロパティIDで、末尾が-1で終っている方のウェブ プロパティIDの左にある「+」ボタンを展開した状態です(画面上では展開後の「-」表示になっています)。図5の緑枠部分がプロファイル名で、この例では二つプロファイルが存在しています。このどちらかを選択することで、該当プロファイルのデータを見ることができます。

図5:アカウントホーム(v5)

図5:アカウントホーム(v5)

別の方法でアカウント名を選択することもできます。図6は同じくバージョン5でログインした後の画面の右上部分です。図6青枠部分の下矢印部分を押すと、その下に閲覧できるアカウントがプルダウンメニュー内に出現します。左側に「+ ボタン」が付いたウェブ プロパティ名の下にアカウント名がセットで(例えば図6の赤枠部分)表示されます。

図6:アカウントホームの右上(v5)

図6:アカウントホームの右上(v5)

閲覧したいウェブ プロパティ名をクリックすれば、その配下のプロファイルの[DEFAULT]表示されているプロファイルのレポート画面を見ることができます。プロファイルが一つしかない場合は、このように直接レポートにアクセスして下さい。

該当のウェブ プロパティに複数のプロファイルがある場合は、まずウェブ プロパティ名の左側にある「+ ボタン」(図7の赤枠部分は展開した後なので「-」表示になっています)を展開します(図7)。図7の青枠部分のように表示されたプロファイル群の中から、データを閲覧したいプロファイルを選択して下さい。

図7:アカウントホームの右上(v5)

図7:アカウントホームの右上(v5)

なおGoogle アナリティクスのアカウントとウェブ プロパティ、プロファイルの関係については、下記をご参照ください。
Google アナリティクスのアカウントの設計方法(1)
Google アナリティクスのアカウントの設計方法(2)

 

お知らせ