Google アナリティクスの使い方、「カスタムレポート」作成手順(2)

共通の機能解説

投稿日:2012/1/20 作成者:衣袋 宏美

<共通の機能解説>

Google アナリティクスの「カスタム レポート」は、自分の好きなフォーマットのレポートを登録しておいて、いつでもすぐにそのフォーマットで閲覧できるレポート群のことです。パート1では、カスタムレポート作成画面までに至る部分を中心に解説してきました。

今回のパート2ではいよいよカスタム レポート本体を作成していきます。

図1がカスタムレポート作成画面です。上の項目から順番に説明していきます。

図1:新規作成画面

一番上の「全般情報」のパートでは「レポート名」を指定する入力ボックスがあります。デフォルトでは「新しいカスタムレポート」と入力されています(図1赤枠部分)。自分の好きなレポート名を付けます。

続いて「レポートの内容」のパートです。一つのレポートに複数のタブを表示させることができます。最初に作成するタブの名前を付けます。デフォルトでは「レポート タブ」と入力されています(図1青枠部分)。ここも自分の好きなタブの名前を付けてください。

最初のタブの名前を「レポート タブ A」とした上で、「+ レポート タブを追加」をクリックすると、図2のようになります。タブが灰色で表示されて、該当のタブが編集中であることを示しています。タブは最大で5つまで作成することが可能です。

図2:タブの追加

図2:タブの追加

「レポート タブ A」の内容を作成していきましょう。レポートの種類は「実績サマリー(表)」と「フラット テーブル」の2種類あります(図3)。どちらも指標とディメンションを追加してレポートの形式を決めるのですが、まず「実績サマリー(表)」を作成してみます。

図3:レポートの種類

図3:レポートの種類

まず「 + 指標を追加」(図4赤枠部分)をクリックします。ユーザー(図4青枠部分)のグループ配下にある「ページビュー数」を選択した画面が図5です。右側に「 + 指標を追加」というのが新たに出現します(図5赤枠部分)。ここでまた別の指標を追加していく作業を繰り返します。

図4:指標の追加

図4:指標の追加

図5:指標を追加

図5:指標を追加

一つの指標グループには10個の指標まで指定できます。もう一つの指標グループも使って6個の指標を指定したのが、図6です。なおこの指標グループは最大5個まで作成できます。

図6:指標グループ2

図6:指標グループ2

次にディメンションを追加します。「 + ディメンションを追加」をクリックしたのが図7です。コンテンツ(図7青枠部分)のグループ配下にある「第1階層」を選択したのが図8です。右下に「 + ディメンションを追加」というのが新たに出現します(図8赤枠部分)。ここでまた別のディメンションを追加すると、レポートをドリルダウンした時のディメンションが指定できます。

図7:ディメンションの追加

図7:ディメンションの追加

図8:ディメンションを追加

図8:ディメンションを追加

二つ目のディメンションにはコンテンツのグループ配下にある「ページ」を指定して(図9赤枠部分)みました。この設定はまずディレクトリでまとめたレポートを表示させ、ディレクトリをクリックするとその配下のページ別のレポートを見ることができるようになります。なお指定できるディメンションの数は5つまでです。

フィルタとプロファイルの部分はいじらずにそのまま保存ボタン(図9青枠部分)を押します。完成したカスタム レポートは図10の通りです。

図9:保存

図9:保存

図10:完成したレポート

図10:完成したレポート

一番上にはレポートタイトルの「新しいカスタム レポート」が表示され(図10赤枠部分)、その下のタブ名は「レポート タブA」(図10青枠部分)、その下に二つの指標グループが表示(図10緑枠部分)されています。

下部の一覧表形式のレポートの/2011/(図10黒枠部分)をクリックすると、図11のようにもう一つ指定したディメンションである「ページ」レポートにドリルダウンすることができました。

図11:レポートをドリルダウン

図11:レポートをドリルダウン

左メニューのカスタムレポートの一番下には、今回作成した「新しいカスタム レポート」が追加されました(図12赤枠部分)。なお作成したカスタム レポートの配置される場所は、カスタム レポート名のABC順に並べられます。しかし手動での並び替えは可能ですので、それはパート1の記事をご参照ください。

図12:メニューに追加

図12:メニューに追加

レポートの種類「フラット テーブル」についてと、オプション機能の「フィルタ」「プロファイル」についてはパート3で解説します。

 

お知らせ

  • メルマガ「週刊GAフォーラム」の登録はこちらから毎週月曜朝に1週間の更新情報をお届けします
  • Google タグマネージャでユニバーサル アナリティクス実装講座を2016年9月3日に開催。こちらからお申込みできます