Google アナリティクスの始め方、アカウントの編集(v5)その2

導入と諸設定

投稿日:2011/10/12 作成者:衣袋 宏美

<導入と諸設定>

Google アナリティクスのアカウントを新規作成したのちに編集したい場合、あるいは既存のGoogle アナリティクスのアカウントを編集したい場合の「その2」です。まずは「その1」をご覧ください。

編集したい該当のGoogle アナリティクスのアカウントの編集画面に入っているところから始めます。図1は左から二つ目のタブ「ユーザー」(図1の赤枠部分)の画面です。新しいユーザーを追加したい場合は、「+ 新しいユーザー」(図1の青枠部分)をクリックします。

図1:アカウントのユーザータブ

図1:アカウントのユーザータブ

図2がユーザー追加画面です。メール アドレスを入力し、役割を選択、閲覧を許可するプロファイルを選択して、「追加」ボタン(図2の青枠部分)を押して、一番下の「ユーザーを作成」ボタン(図2の緑枠部分)を押して、ユーザー登録をします。

図2:アカウントにユーザー追加

図2:アカウントにユーザー追加

ユーザーはプロファイル単位で指定できるので、各プロファイルの管理画面でもユーザー管理は可能ですが、このようにアカウントレベルでもユーザー管理が可能です。

次は「フィルタ」タブの画面(図3)です。「+ 新しいフィルタ」(図3の青枠部分)ボタンを押して、フィルタの追加をすることができます。

図3:アカウントのフィルタタブ

図3:アカウントのフィルタタブ

図4がフィルタ追加画面です。フィルタの各種設定は別途解説しますが、その設定を上部で行った後、フィルタを適用したいプロファイルを選択して、「追加」ボタン(図4の赤枠部分)を押して、一番下の「保存」ボタン(図4の青枠部分)を押して、フィルタを適用します。

図4:フィルタ追加

図4:フィルタ追加

次は「データソース」タブの画面(図5)です。Googleの広告システムであるAdWordsやAdSenseを利用している場合に、データをリンクしたい時にこの機能を利用します。

図5:データソースタブ

図5:データソースタブ

まずはAdWordsのタブが表示されています。AdWordsの画面のログインして、所定のリンク作業を行います。次はAdWordsタブの横にあるAdSenseタブに移り(図6)、「アカウントをリンク」(図6の青枠部分)をクリックして、リンク作業を行います。

図6:AdSenseとのリンク

図6:AdSenseとのリンク

最後は「アカウント設定」タブの画面(図7)です。これはGoogle アナリティクスのアカウントを新規作成した時の、データ共有設定が表示されています。これを変更したい場合は、該当のチェックボックスやラジオボタンを変更して、「適用」ボタン(図7の青枠部分)をクリックして下さい。

図7:アカウント設定タブ

図7:アカウント設定タブ

 

お知らせ