Google アナリティクスの始め方、プロファイル設定(2)設定項目

導入と諸設定

投稿日:2011/11/8 作成者:衣袋 宏美

<導入と諸設定>

プロファイルの各設定項目について解説していきます。プロファイル設定画面への行き方は、「Google アナリティクスのプロファイル設定(1)設定画面まで」をご覧下さい。

図1:プロファイル設定画面

図1:プロファイル設定画面

図1のように既に、あるプロファイルの設定画面に来ているものとします。図1赤枠部分に示してある通り、プロファイルに紐付いた設定項目は、「アセット」「目標」「ユーザー」「フィルタ」「プロファイル設定」の5つのタブで選択することができます。

「アセット」の説明書きには、「このプロファイルで表示できる広告素材を設定します。」とありますが、広告素材を設定するわけではなく、図2にある通り、「アドバンス セグメント」「メモ」「マルチチャネルのチャネル グループ」「カスタム アラート」の4つの機能の設定画面へのリンクがあります。

図2:アセットタブ

図2:アセットタブ

これらの機能は各種レポート画面から利用することができるものですが、この設定画面でも一元的に管理できるようになっています。各機能の詳細については別稿で解説しますが、簡単にそれぞれの機能について説明しておきます。

「アドバンス セグメント」は標準で用意されているセグメント以外に自分で作成したセグメントの設定を登録しておくことができる機能です。「メモ」はいつどういう施策やイベントがあったかなどの記録をレポート画面にメモを残しておける機能です。「マルチチャネルのチャネル グループ」はコンバージョン > マルチチャネル のレポート群で利用する独自に設定したチャネルのグルーピング登録機能です。「カスタム アラート」はインテリジェンス イベントのレポートで利用する「アラート」を独自に登録できる機能です。

「目標」タブでは、目標を20個登録することができます(図3)。目標(セット1)で5つ、セット2で5つという具合に4セット各5つで合計20個まで指定できます。ここを設定することで、コンバージョン > 目標 のレポート群を有効活用することができるようになります。

図3:目標タブ

図3:目標タブ

「ユーザー」タブは、該当プロファイルのデータを見るための権限を与えるユーザーを管理するための場所です(図4)。「フィルタ」タブは、該当プロファイル全体に適用するフィルタ(データ絞込み)を指定するための機能です(図5)。

図4:ユーザータブ

図4:ユーザータブ

図5:フィルタタブ

図5:フィルタタブ

「プロファイル設定」タブは、各種機能を有効にしたり、レポート表示を加工するための指定をする場所です(図6)。「デフォルトのページ」は例えば/ と /index.html を合わせて /index.html と表示するオプションです(図6①)。「URL クエリパラメータを除外」は、意味のないパラメータを表示から削除するオプションです(図6②)。

図6:プロファイル設定タブ

図6:プロファイル設定タブ

通貨やタイムゾーンは、日本円や日本でいいと思いますが、サイトの事情に応じて変更しましょう(図6③)。「AdWords費用データの設定」はAdWordsとの連携が必要であれば、アカウントを結合するようにしておきます(図6④)。

「eコマースの設定」や「サイト内検索の設定」は必要に応じて「有効にする」をチェックします。「eコマースの設定」を「はい、eコマース サイトです」にして、eコマースのトラッキングコードを実装することで、コンバージョン > eコマース のレポートを見ることができるようになります(図6⑤)。「サイト内検索の設定」を有効にすることで、コンテンツ > サイト内検索のレポートを見ることができるようになります(図6⑥)。

「eコマースの設定」は必ずしもオンラインショッピングサイトでなければいけないわけでもありませんし、「サイト内検索の設定」はサイト内検索の機能がサイトになくても、この機能を有効活用することもできますので、活用してみましょう。

 

お知らせ