Google アナリティクスの始め方、プロファイル設定(3)目標設定の1

導入と諸設定

投稿日:2011/11/8 作成者:衣袋 宏美

<導入と諸設定>

プロファイルの設定の中でも最も重要な「目標設定」について解説します。ECサイトなどでなくても目標設定しておくことで、コンバージョン率(目標達成率)を集計できるようになります。

プロファイル設定画面への行き方は、「Google アナリティクスのプロファイル設定(1)設定画面まで」をご覧下さい。プロファイルに紐付いた設定項目は、「アセット」「目標」「ユーザー」「フィルタ」「プロファイル設定」の5つのタブで選択することができますが、図1のように「目標」タブを選択してある(図1青枠部分)ところから解説します。

図1:目標タブ

図1:目標タブ

図1は何も目標設定していない初期画面の状態です。まず目標(セット1)の「+目標」をクリックします(図1赤枠部分)。そうすると図2のように目標セット1のGoal1を設定する画面にいきます。ここで目標名を入力し(図2赤枠部分)、目標タイプを選択します(図2青枠部分)。各目標タイプ毎の入力方法や意味については後述します。

図2:目標1

図2:目標1

「目標名」はレポート画面のどこに表示されるかですが、例えば図3は「すべてのトラフィック」のレポートです。この「目標セット1」のタブ(図3赤枠部分)を選択したレポート画面で表示されます(図3青枠部分)。このレポートの下方の一覧表形式のデータ部分には、参照元/メディア別に各目標のコンバージョン率が表示されます(図4赤枠部分)。

図3:すべてのトラフィック1

図3:すべてのトラフィック1

図4:すべてのトラフィック2

図4:すべてのトラフィック2

なおこの目標設定は4セット各5つで合計20個設定できるのですが、上から順番に設定する必要はありません。せっかく4セットあるのですから、似た目標をグルーピングしておくといったことが可能です。目標セット2に設定したものがあれば、レポート上では図3の赤枠部分の「目標セット1」の右隣に「目標セット2」のタブが追加されるような表記となります。

目標タイプ「URLへのアクセス」を選択した場合の画面が図5です。「目標URL」(図5赤枠部分)には、例えば製品/サービスの資料請求を完了したページのURLを入力します。「マッチタイプ」はプルダウンで「完全一致」「前方一致」「正規表現一致」の3種類を選択することができます(図5青枠部分)。これは記入した目標URLに対しての条件設定を意味します。

図5:目標タイプ

図5:目標タイプ

大文字小文字を区別する必要があるのであれば、「大文字と小文字を区別」にチェックを入れます。「目標値」は、この目標を達成した時の金額換算した価値を入力します(図5緑枠部分)。例えば資料請求した人が実際に商談で成約する確率が1割で、平均商談額が10万円だという経験値があれば、1資料請求の期待値としては10万円×1割=1万円となりますので、1万円と入力しておくとよいでしょう。

もちろん価値換算が難しいこともあると思いますが、その場合でも100円でも1000円でもよいので、何らかしら数値を「目標値」に入れておくとよいでしょう。何故なら各訪問の価値を集計する「平均目標値」という指標(図4青枠部分)は、この値を設定しておけば集計されるからです。

つまり「目標値」に何らかの数字が設定されていれば、訪問別の価値を相対的に把握することができますので、目標設定が一つの場合は何らかの数値を入れておくことをお勧めします(ただし複数の目標が設定されている場合は、それぞれの「目標値」にいい加減な数字を入力しておくと、平均目標値はこれらの加重平均になるので、相対比較にも使えないデータになってしまいます)。

目標到達プロセスと別の目標タイプのケースについては、「Google アナリティクスのプロファイル設定(4)目標設定の2」で解説します。

 

お知らせ