Google アナリティクスの見方、リアルタイム(ベータ版) > コンテンツ

各レポートの見方

投稿日:2011/12/4 作成者:衣袋 宏美

<各レポートの見方>

リアルタイム(ベータ版)は「ホーム」タブ(図1赤枠部分)の一番上に位置しているレポート群です。ベータ版とある通り、変更の可能性があります。本稿は2011年12月上旬時点での画面に基づいています。本稿では、この中の「コンテンツ」のレポート(図1青枠部分)を解説します。

図1:リアルタイム > コンテンツ

図1:リアルタイム > コンテンツ

「コンテンツ」のレポートの全体像が図2です。「サマリー」のレポートと同様、左上の大きな数字(図2赤枠部分)が、現在サイトに訪問中のユーザー数を示しています。その下の横棒グラフは、その現在のトラフィックの割合を示しています(図2青枠部分)。その右側の細かい縦棒グラフは、直近のページビュー数を示したグラフです(図2緑枠部分)。左側が過去30分の状態を1分刻みで示しており、右側が過去60秒を1秒刻みで表示しています。

図2:「コンテンツ」レポート全体

図2:「コンテンツ」レポート全体

図2下の一覧表部分は、二つの表示パターンが選択できます。「アクティブ ユーザー数」が図2では表示されています(図2茶枠部分)。一覧表で表示されているのは、「アクティブなページ」「アクティブ ユーザー数」です。現在どのページに何人が来ているのかがわかります。

「アクティブなページ」の項目からトップページを意味する「/」をクリックしたのが図3のレポートです。サイトのトップページ(「/」はトップページなので)を見ている人がどこから訪問したのかのメディアとソースの内訳を示してくれます。

図3:アクティブなページ

図3:アクティブなページ

図4は表示で「ページビュー数(直前の30分間)」を選択したレポートです。一覧表で表示されているのは、「ページ」別の「ページビュー数」です。過去30分以内どのページが何ページビュー見られたかが確認できます。こちらも同様にトップページ「/」の部分をクリックすると、トップページが見られた訪問がどこからなのかをメディアとソース別に示してくれます(図5)。最大表示項目数は20のようです。

図4:直前の30分間

図4:直前の30分間

図5:直前の30分間のトップページ

図5:直前の30分間のトップページ

<注意事項>
閲覧しているプロファイルで、フィルターを掛けていた場合でも、フィルター設定は掛かっていない状態の生のデータに基づいて本レポートが作成されます。またこのデータはどこにも蓄積されませんので、過去の情報を見ることはできません。

またリアルタイム(ベータ版)のレポート全体に共通ですが、このレポート群は図6の通り、管理者またはフィルターが適用されていないプロファイルにアクセスできるユーザーのみが閲覧可能となっています。そうでないユーザーは図6のエラー表示が出ます。

図6:制限事項

図6:制限事項

 

お知らせ