Google アナリティクスのCookieの内容—その1

データ収集と集計仕様

投稿日:2011/8/16 作成者:衣袋 宏美

<データ収集と集計仕様>

現在見ているページのCookieの中身を調べる方法は、アドレスバーに以下を入力しましょう。今表示していたページのCookie情報が表示されます。
javascript:document.cookie;

そうすると例えば次のような文字列が出力されます。これはたまたま全てGoogle アナリティクスが利用しているCookieだけですが、それ以外のものも表示されます。
__utma=232609161.2013541478.1312967226.1313220688.1313454265.4; __utmz=232609161.1312967226.1.1.utmcsr=(direct)|utmccn=(direct)|utmcmd=(none); __utmb=232609161.1.10.1313454265; __utmc=232609161

Google アナリティクスでは、セミコロン(; )で区切られた上記の__utma、__utmb、__utmc、__utmzの他に、オプションで使われる__utmvと__utmxを含めた合計6つの変数が利用されています。ここでは__utmz以外の5つについて解説します。

<__utma>
__utmaはユーザー IDや最初・直前・今の訪問時間(UNIX TIME)を格納しています。これによってユニークユーザーの識別を行います。2年間保持されます。上記の例で内容を説明します。ピリオドで区切られた6つの文字列はそれぞれ以下の意味合いがあります。

232609161:ドメインハッシュ値というもので、ドメインの識別に利用される
2013541478:ブラウザに割り当てられる乱数で、これがブラウザ(ユーザー)の識別子
1312967226:UNIX TIMEで2011-08-10 18:07:06を意味する。初回訪問日時を示す
1313220688:UNIX TIMEで2011-08-13 16:31:28を意味する。前回訪問日時を示す
1313454265:UNIX TIMEで2011-08-16 09:24:25を意味する。今回訪問日時を示す
4:訪問回数を示す

<__utmbと__utmc>
この二つをセッションの判定のために利用していましたが、2011/8/12のセッション判定ルールの変更がありました。Cookieの機能としては変更がないものとして解説しておきます。2011/8/11以前はこの二つのCookieのどちらかが消滅することで、セッションを切りました。そのためブラウザを閉じるか30分経過するとセッションは切れたと判定されていました。

__utmbはページの閲覧時に更新され、30分間保持されます。
__utmcは有効期限は設定されていません。そのためブラウザを閉じるとクリアされます。

<__utmv>
__utmvは2年間保持され、ユーザー定義あるいはカスタム変数に利用されます。
ユーザー定義の設定は、pageTracker._setVar();
カスタム変数の設定は、pageTracker._setCustomVar(slot, name, value, scope);

この値は、レポート画面の ユーザー > ユーザー定義かカスタム変数で見ることができます。カスタム変数では最後のscopeを1にした場合、visitorレベルの設定となり、utmv値に入ります。

<__utmx>
__utmxは2年間保持され、Google Website Optimizer利用時に利用されます。この Cookie はユーザーがサイトで一貫した体験をするようにそのユーザーに割り当てられた各テストのパターンを保存します。

Google アナリティクスのCookieの内容については下記も参照下さい。
Google アナリティクスのCookieの内容—その2(__utmz前半)
Google アナリティクスのCookieの内容—その2(__utmz後半)
この公式ページでも詳細が確認できます。

 

お知らせ