イーコマースのトラッキングコードとレポートの関係

データ収集と集計仕様

投稿日:2012/12/30 作成者:衣袋 宏美

<データ収集と集計仕様>

イーコマースのトラッキングコードに関してはこちらの記事をまずご覧ください。今回はもう少し、突っ込んだ話をしていきます。

イーコマースのトラッキングコードは購入完了ページなどに対して動的に実装する必要がある訳ではありません。商品の種類などが少なければ購入完了ページを静的なページで作成し、固定的にこのトラッキングコードを実装しても問題ありません。

上級者の方で、プログラム開発する前にテストをしたい場合などは、静的なページでテストしてみるというのも手です。さて下記のようなトラッキングコードだった場合に、レポートでどのように表示されるでしょうか。

 

<pre>_gaq.push(['_addTrans',
  '11111',    // order ID - required
  'test1',    // affiliation or store name
  '10500',    // total - required
  '500',      // tax
  '400',      // shipping
  '',         // city
  '',         // state or province
  ''          // country
]);
_gaq.push(['_addItem',
  '11111',         // order ID - required
  'product25f4',   // SKU/code
  'プロダクト25',  // product name
  'カテゴリーA',   // category or variation
  '3200',          // unit price - required
  '3'              // quantity - required
]);
_gaq.push(['_trackTrans']);

 

「コンバージョン > e コマース > トランザクション」レポートでは図1のように、「コンバージョン > e コマース > 商品の販売状況」レポートでは図2のようになります。

図1:トランザクション

図1:トランザクション

図2:商品の販売状況

図2:商品の販売状況

 

このケースは、単価が3,200円のものを1度に3つ(9,600円)まとめて購入し、送料が400円加わり(商品と送料で合計1万円)、これに消費税500円が加わり、全体の売上が10,500円という想定のデータになっています。

図1のトランザクションのレポートとトラッキングコードの関係を確認すると、「order ID」が「トランザクション名」に、「total」が「収益」に、「tax」が「税金」に、「shipping」が「配送」に、「quantity」が「数量」に対応していることがわかります。

図2の商品の販売状況のレポートとトラッキングコードの関係を確認すると、「product name」が「商品」に、「quantity」が「数量」に、「unit price」が「平均価格」に対応していることがわかります。

 

では次のような実装を行った場合に、どのようなレポートが出てくるでしょうか。それは図3と図4です。対応は図1や図2となんら変わりありません。「tax」と「shipping」の項目はゼロ(0)とせずに値を空のままにして実装しても、自動的に数字のゼロ(0)が表示されます。

単価(1,100)と数量(3)から考えると、商品の売上だけで3,300円となり、合計値(3,150)円と整合性はありませんが、そんなことはお構いなしに、それぞれに対応する数値を持ってくるだけです。

また「total」が「収益」に、「quantity」×「unit price」つまり「数量」×「平均価格」が「商品の収益」になります。つまり「収益」と「商品の収益」には何の関係性もありません。

 

_gaq.push(['_addTrans',
  '22222',    // order ID - required
  'test2',    // affiliation or store name
  '3150',     // total - required
  '',         // tax
  '',         // shipping
  '',         // city
  '',         // state or province
  ''          // country
]);
_gaq.push(['_addItem',
  '22222',         // order ID - required
  'product23m3',   // SKU/code
  'プロダクト23',  // product name
  'カテゴリーB',   // category or variation
  '1100',          // unit price - required
  '3'              // quantity - required
]);
_gaq.push(['_trackTrans']);

 

図3:トランザクション

図3:トランザクション

図4:商品の販売状況

図4:商品の販売状況

 

なお下記の記事に触発されて本記事を投稿しました。テストすればわかることですが、公式のヘルプを見ても誤解しそうな記述や古い情報もあるので、なかなか悩ましい問題ですね。
http://doruby.kbmj.com/UsabilityAnalytics/20121226/_GoogleAnalytics_e_

 

お知らせ