Google アナリティクスの標準のカスタム キャンペーンのパラメータとは

データ収集と集計仕様

投稿日:2012/12/31 作成者:衣袋 宏美

<データ収集と集計仕様>

Google AdWordsのデータをGoogle アナリティクス側に取り込みたい場合、図1のように該当のGoogle アナリティクスのアカウント管理画面の「データソース」タブ(図1赤枠部分)からまずAdWordsのアカウントとリンクしたいプロファイルを連携させます。

 

図1:AdWordsとの連携

図1:AdWordsとの連携

 

その上で図2のように該当のAdWordsのアカウントの設定(図2赤枠部分)で、AdWordsの自動タグ設定にチェック(図2青枠部分)すれば、自動的にAdWords側で設定したキャンペーンやキーワードの設定などとともに結果のデータが取り込まれます。

 

図2:AdWordsの自動タグ設定

図2:AdWordsの自動タグ設定

 

さて、メルマガに掲載したリンクをクリックしてサイトに入ってきたような場合に、メーラーでユーザーが見ている場合は、参照元なしとなるため、メルマガの効果を正確に測ることができません。こういった場合に、下記のようにランディングページにダミーパラメータを付与することで、キャンペーン効果を計測するという仕組みがカスタム キャンペーンのパラメータです。

http://example.com/index.html?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_term=kw1&utm_content=contX&utm_campaign=campY

静的なページに?以降の任意の文字列を付加しても無視されるという性質を利用して、こういったパラメータを付与して、そのURLを見ればどのキャンペーンから誘導したのかを区別しようということです。

AdWords以外のキャンペーン情報をGoogle アナリティクス側に取り込みたい場合は、このGoogle アナリティクスの標準のカスタム キャンペーンのパラメータを利用すれば、以下のような対応でパラメータに付与した値の情報がレポート画面の方に取り込まれることになります。

パラメータ名  対応するディメンション
utm_source   参照元
utm_medium   メディア
utm_campaign  キャンペーン
utm_term    キーワード
utm_content   広告のコンテンツ

上記の例で言えば、参照元は「google」、メディアは「cpc」、キャンペーンは「campY」、キーワードは「kw1」、広告のコンテンツは「contX」という具合にレポートに表示されることになります。

 

図3:キャンペーン

図3:キャンペーン

図4:オーガニック検索

図4:オーガニック検索

 

お知らせ