ドコモの検索などが検索エンジン(organic)扱いに

データ収集と集計仕様

投稿日:2014/6/21 作成者:衣袋 宏美

Google アナリティクスの集客系レポートでは、主要検索エンジンだけが「organic」というメディアに自動分類されます。

図1のように参照元/メディア表示だと、Google検索なら「google / organic」、ヤフー検索なら「yahoo / organic」(図1赤枠部分)のように、「Google アナリティクスが指定した検索エンジン名 / organic」という形式になります。

 

図1:「すべてのトラフィック」レポートの「organic」

図1:「すべてのトラフィック」レポートの「organic」

 

有名でない検索エンジンですと、このようにGoogle アナリティクスが検索エンジンと判定するリストに登録されていないので、メディアは通常「referral」に分類されます。もちろん検索エンジン扱いにならないので、検索キーワードもわかりません。

2012年の2月には「biglobe」「goo.ne」「rakuten」の3つの検索エンジンが追加されましたが、2014年5月14日にさらに新しく検索エンジンとして追加があったようです。

図2を見ると、5月14日から「search.smt.docomo.ne.jp / referral」が「search.smt.docomo / organic」(図2赤枠部分)に、「sp-search.auone.jp / referral」「search.auone.jp / referral」が「auone / organic」(図2青枠部分)に取って代わられているようです。

つまりドコモとauの検索については、新たにGoogle アナリティクスの検索エンジンリストに登録され、自動的に「organic」と判定されるようになったようです。

 

図2:変化のあった関連サイト

図2:変化のあった関連サイト

 

詳細は公式ブログなどでのアナウンスが待たれますが、この仕様変更に伴い、「organic」「referral」の分類のデータの継続性に注意が必要になります。

ga.jsのトラッキングコードをカスタマイズしている場合は、新規登録されたこれらの検索エンジンについては、カスタマイズが不要になると思われます。またユニバーサル アナリティクスでanalytics.jsを利用している場合は、プロパティのトラッキング情報の「オーガニック検索ソース」(図3)で検索エンジンを追加することができますが、新規登録された検索エンジンについては、不要になると思われます。

 

図3:ユニバーサル アナリティクスの検索エンジン設定

図3:ユニバーサル アナリティクスの検索エンジン設定

 

Twitter界隈で会話されていた内容を確認の上、早速投稿してみました。森野さん、いちしまさん、村山さん、吉田さん、田中さん、ありがとうございました。

 

お知らせ