Google アナリティクスの「滞在時間」とは

用語・指標解説

投稿日:2011/8/13 作成者:衣袋 宏美

<用語・指標解説>

滞在時間は、ページ別の滞在時間(平均ページ滞在時間)と、訪問全体の滞在時間(平均サイト滞在時間)の二つがあります。

Google アナリティクスでは、「コンテンツ」メニューの「上位のコンテンツ」レポート(図1)などで、ページ別の滞在時間を確認することができます。訪問全体の滞在時間は「平均サイト滞在時間」という指標で、マイレポート(バージョン4)などで確認することができます。

図1:ページ別の滞在時間

図1:ページ別の滞在時間

では、滞在時間はどのように計測し、集計しているのでしょうか。例えばページA,B,Cというページをそれぞれ見た時刻が下記のようだったとしましょう。

閲覧開始時間 閲覧ページ
17時15分    ページA
17時20分    ページB
17時23分    ページC

各ページの閲覧時間は次に閲覧したページの閲覧開始時間との差を使うのがアクセス解析では一般的です。Google アナリティクスでも基本的にこのルールに従って計算をしています。

上記の例では、ページAが5分(17時15分と20分との差)、ページBが3分(17時20分と23分の差)ということになります。問題なのはページCです。次のページの閲覧時間がわかりませんので、これをどう集計するかというのが問題になります。これは各ページの滞在時間でも、訪問全体の滞在時間でも同様の問題が生じます。

Google アナリティクスでは、次のようなルールで集計が行われています。
・直帰(1ページのみの訪問)はゼロ秒で集計に組み入れる
・離脱(2ページ以上閲覧された場合の最後の閲覧ページ)は集計から外す

具体例で説明します。下記のような3訪問のケースを見ていきましょう。
ページC(3秒)→ページA(2秒)→ページB(離脱)
ページC(1秒)→ページA(離脱)
ページA(直帰)

平均サイト滞在時間は、最後のページは全て不明なのでゼロ秒。最後の直帰の訪問もゼロ秒で集計に組み込む。よって(5秒+1秒+0秒)/3訪問=2秒

ページAの平均ページ滞在時間は、2番目の訪問はAで離脱しているため、カウント対象外で、最後の直帰の訪問はゼロ秒でカウントすることになるので、(2秒+0秒)/2ページ=1秒

このように最後のページの閲覧時間がわからない点や、直帰や離脱による複雑な計算方法から考えると、滞在時間の「絶対値」はそれほど精度を求めるのがそもそも難しいということが理解できるでしょう。「相対比較」や「施策の前後比較」といった使い方がよいと考えられます。

 

お知らせ