Google アナリティクスの「コンバージョン(数)」とは

用語・指標解説

投稿日:2011/9/10 作成者:衣袋 宏美

<用語・指標解説>

コンバージョンとは、購入や会員登録、資料請求など、設定された目標を達成したことを指し、コンバージョンした訪問に結び付いてカウントされます。

「コンバージョン」数をカウントするためには、まずプロファイル設定画面で、目標の設定をしておかなければなりません。目標はバージョン4では、3つのタイプで、バージョン5では4つのタイプで指定することができます。

バージョン4:
・特定のURL(群)へのアクセス
・サイト滞在時間
・1訪問当たりのページビュー数

バージョン5:上記に加えて下記も
・特定のイベント

コンバージョン数は、コンバージョン系のレポートで表示されます。図1のように設定した目標ごとに数値を確認することができます。

図1:目標のサマリー

図1:目標のサマリー

なお同一訪問内に何度同じ目標に到達してもコンバージョンは1回です。またコンバージョン率はコンバージョン数を全ての訪問数で割ったものになります。

但しAdWordsにおける「コンバージョン」とは言葉の使い方が違うので気を付けましょう。

Google アナリティクスはサイト解析を目的としているので、ある訪問がコンバージョンに至ったかどうかが重要です。そのため「コンバージョン」は、コンバージョンした訪問に紐付きます。

一方AdWordsは広告の費用対効果をトラッキングすることが目的なので、ある広告に対するクリックがコンバージョンに繋がったかどうかが重要です。そのため「コンバージョン」は、コンバージョンが発生した時点ではなく、広告がクリックされた日に記録されます。

 Google Analytics と AdWords のコンバージョン レポートの違いについて

 

お知らせ