Google アナリティクスの「新規ユーザー(新規)とリピーター」とは

用語・指標解説

投稿日:2011/9/11 作成者:衣袋 宏美

<用語・指標解説>

新規ユーザー(新規)とリピーターとは、その表現からするとユーザー数を表すような指標に感じられますが、訪問数に関する指標です。

バージョン4では「新規ユーザーとリピーター」(図1)、バージョン5では「新規とリピータ」(図2)というレポートで、それぞれ「ユーザー」のメニュー群の中にあります。しかしどちらも使われている指標は「訪問」であることがわかります。

図1:新規ユーザーとリピーター(v4)

図2:新規とリピーター (v5)

図2:新規とリピーター (v5)

図3をご覧ください。あるサイトの8月月間のデータですが、全体では10,893ユーザー(緑枠部分)、13,826訪問(赤枠部分)があったことを示しています。

そして新規ユーザーが9,623訪問、リピーターが4,203訪問で、合計が13,826となっています。これで分かる通り、使われている指標は「訪問」数です。

図3:マイレポート(v4)

図3:マイレポート(v4)

つまりこの「新規とリピーター」は正確に言えば、新規訪問とリピート訪問という意味だということです。ですから「ユーザー」ではなく「訪問」がベースの指標と言うことになります。

具体例を一つ挙げておきます。下記はユーザーAとBの過去からの訪問履歴だとします。そして集計対象期間は2月の月次だとしましょう。「初訪問」とは、過去から含めてサイトを初めて訪問したことを意味することにします。そして「再訪問」は、過去から含めて2回目以上のサイトへの訪問の意味だとします。

図4:具体例

図4:具体例

Aさんは2月1日に初めてサイトに訪問し、同日の2月1日と21日も訪問したということになります。一方Bさんは1月5日に初めてサイトに訪問し、2月1日と21日にも訪問したということです。

2月月次のデータではAさん、Bさんの2ユーザーが、5回訪問している訳です。そしてこの5訪問を初訪問が1、再訪問が4というように分けているのです。ここでいう初訪問がGoogle アナリティクスで言う「新規」、再訪問が「リピーター」という定義と同じとなります。

 

お知らせ