Q.Google アナリティクスの「ページ解析」で、クリック率が100%を超えるのですが

表示、機能関連

投稿日:2011/10/23 作成者:衣袋 宏美

<GAのQ&A>

Question.「ページ解析」で、表示されているクリック率を合計すると100%を超えるのですが間違いでしょうか?

Answer.「ページ解析」で、各リンクに対するクリック率を合計すると100%を超えるということは、おこり得ます。普通に考えると10ページビューあったページで、そのページからクリックが20回あって、合計クリック率(次のページへの遷移割合)が200%になるというのはおかしいように思えます。

まずGoogle アナリティクスの「ページ解析」のレポート画面に数字を表示する場所をどのように決めているのかという点ですが、レポート閲覧時点のウェブサイトの実際のページをリアルタイムに読み込み、現在のリンク先のURLの上にデータ(例えばクリック率ならそのリンクのクリック回数÷そのページの表示回数で算出)を重ねるという仕組みだと思われます。

そしてご質問のような現象が生じる理由ですが、もし同じURLへの飛び先が複数あった時に、そのどちら(どの位置にあるリンク)がクリックされたかということまでは判定せず、単純にリンクがある場所ごとに先程の計算式を行って表示しているだけだからです。

そのため先程の例では、10ページビューあったページ上に、別の同じページへのリンクが4箇所あって、どれかが合計5回クリックされたとしますと、50%(5クリック÷10ページビュー)が「ページ解析」のレポート画面上では、そのページへのリンクがある4箇所全部に表示されます。これで合計すると200%になるわけです。

図1:ページ解析(v4)

図1:ページ解析(v4)

例えば上記図1の例は、赤枠部分の3つのリンク先のURLと青枠部分の3つのリンク先のURLが全く同じになっているページ構造になっているページです。そのためこの3つはダブルカウントしていることになり、同じ数字が(赤枠部分と青枠部分の一つずつで)ダブって表示されているという画面例なのです。

 

お知らせ