Q.Google アナリティクスの「ページ解析」で、同じリンク先へのリンクが複数個所ある場合に、どの個所をクリックされたのかは区別できますか?

表示、機能関連

投稿日:2011/10/23 作成者:衣袋 宏美

<GAのQ&A>

Question.「ページ解析」で、同じリンク先へのリンクが複数個所ある場合に、どの個所をクリックされたのかは区別できないと聞きましたが、それを何とか区別することはできませんか?

Answer.ダミーパラメータを利用することで、計測可能にすることができます。

「ページ解析」は、もし同じURLへの飛び先が複数あった時に、そのどちら(どの位置にあるリンク)がクリックされたかということまでは判定せず、単純にリンクがある場所ごとに、例えばクリック率ならそのリンクのクリック回数÷そのページの表示回数で算出した値を、画面上で重ねて表示するという仕様のようです。

そのため、飛び先に指定したURLが同じページ上に複数あった場合は、それぞれのリンク箇所で同じ数値が単純に表示されてしまいますので、「Q.Google アナリティクスの「ページ解析」で、クリック率が100%を超えるのですが」という質問のようなことが生じてしまいます。

これを解決するために、リンク先のURLにダミーパラメータを付けることで実現できます。ダミーパラメータとは、意味のないパラメータというもので、静的なページのファイル名の後に?と任意の文字列を付与しても、?以下の文字列が無視されます。この特徴を利用するのです。

例えば同じページへのリンクが3か所あったら、それぞれのリンクの記述を下記のようにすることで、データ上は違うリンクと認識させるということが可能になります。図1はこの3つのリンクのパターンで記述したページを「ページ解析」した場合で、3か所のリンクの位置を正確に判別してくれています。

/index.html
/index.html?place=1
/index.html?place=2

図1:ページ解析(v4)

図1:ページ解析(v4)

具体的には上から、4クリック、2クリック、1クリックしているのですが、全体のページビュー数が8で、それぞれ50%、25%、13%(12.5%を四捨五入で表示)と正しく認識し、表示してくれています。

 

お知らせ