Q.Google アナリティクスは、サードパーティーCookieを使っていないんですか

技術や仕組み全般

投稿日:2011/11/2 作成者:衣袋 宏美

<GAのQ&A>

Question.Google アナリティクスは、サードパーティーCookieを使っていないんですか

Answer.Google アナリティクスは、ファーストパーティーCookieを利用しています。

ブラウザに紐ずくCookieは、ログインしたユーザーの継続したサイト利用などの際に、同じブラウザからのリクエストが続いていることを照合するために必要な仕組みです。また一旦ブラウザを閉じて、別の機会にサイトに訪問しても、同じブラウザからの利用であることを照合して、自分のカスタマイズページが表示されるようなことがあると思いますが、これもCookieが同一ブラウザからのアクセスであることを確認するために利用されます。

アクセス解析や広告効果測定のツールでは、同一ブラウザからのアクセスであることを照合するために、このCookieを発行しているのが普通です。

計測対象サイトが発行するCookieのことをファーストパーティーCookieと言いますが、Google アナリティクスのCookieは、このファーストパーティーCookieです。

通常の広告効果測定やアクセス解析ツールでは、その多くがサードパーティーCookieを利用しています。これは計測対象サイトと違うドメインから発行されているCookieです。サードパーティーCookieを使うと、ツール側では例えばこのブラウザ(人)はサイトAもサイトBも見ているといった照合が可能になります。つまり広告配信のコントロールをするといった利用方法もできるわけです。

Cookieはこのようにブラウザを特定するだけで、けっして個人を特定する訳ではないのですが、プライバシーの侵害と考える人もおり、このような仕組み自体を嫌う傾向が強まってきています。この流れに則って、例えば幾つかのブラウザでは、標準でサードパーティーCookieを受け入れない設定になっていたりします。セキュリティソフトなどで定期的に削除するような人もいるでしょう。

これに対してファーストパーティーCookieは、そのようなことが少ないと考えられます。そのためファーストパーティーCookieを利用しているということは、アクセス解析のデータ精度という観点から見ると、サードパーティーCookieを利用しているツールよりは、ブラウザの特定精度が優れていると考えられます。

またGoogleとしては、余計なデータは取得しません、別の用途にも使えないように最初からしてあります、ということを明確にしようという姿勢が、ファーストパーティーCookie採用の要因として考えられます。

Google アナリティクスのCookieに関しては、「Google アナリティクスのCookieの特徴」も合わせてご覧下さい。

 

お知らせ