Q.Google アナリティクスでCookieを無効にしているユーザの閲覧データは取得できますか

技術や仕組み全般

投稿日:2011/9/5 作成者:衣袋 宏美

<GAのQ&A>

Question.Cookieを無効にしているユーザの閲覧データは取得できますか

Answer.ファーストパーティCookieを無効にしているのであれば、閲覧データは取得できませんが、そうでなければ取得されます。

まずCookieにはファーストパーティCookieとサードパーティCookieという区分があります。ファーストパーティCookieは、閲覧ページと同じドメインから発行されるCookieです。サードパーティCookieは閲覧ページとは別のドメインから発行されるCookieで、広告配信サービスやアクセス解析サービスなどの別ドメインから発行されるCookieです。

アクセス解析サービスではファーストパーティCookie を使う場合もあれば、サードパーティCookie を使う場合もあります。サードパーティCookie を使う方が簡単なために、こちらを利用するケースが多いですが、ファーストパーティCookie を使うオプションを用意しているサービスもあります。

そしてGoogle アナリティクスではファーストパーティCookieを使っています。そのためファーストパーティCookieを無効にしているのであれば、閲覧データは取得できませんが、そうでなければ取得されます。ファーストパーティCookieを無効にすることは殆ど考えられませんので、実質的に影響はないと考えてよいでしょう。

図1はWindowsのインターネット オプションを表示し、プライバシーのタブを開いた画面です。セキュリティレベルが中であれば、詳細設定(図1の赤枠部分)をクリックしてみるとファーストパーティCookieもサードパーティCookieも図2のように受け入れる状態になっていると思います。ここでCookieの受け入れをユーザがコントロールすることができるわけです。

図1:インターネットオプション

図1:インターネットオプション

図2:プライバシーの詳細設定

図2:プライバシーの詳細設定

Appleが開発したブラウザ「Safari」は標準の状態でサードパーティCookieをブロックするようになっています。このためサードパーティCookieを利用しているアクセス解析ツールでは、Safariが標準搭載されているiPhoneやiPadなどによるアクセスデータを見るときに気をつけなければいけません。

Cookieでセッション(訪問)やユニークユーザ(訪問者)を判定しているツールであれば、上記の場合にこの部分が紐づけられなくなり、1ページビューが1訪問にカウントされるといった具合になりますので、各ツールでのカウント方法を確認するのがよいでしょう。

さらにCookieはユーザによって削除されることもあります。Cookieは同一ブラウザを特定する仕組みですから、月の途中に一旦Cookieを削除されれば、同じブラウザからそのサイトに訪問しても、月に2ユニークユーザからアクセスがあったという集計になってしまうこともあります。

 

お知らせ